龍泉洞で熟成の日本酒搬出 岩泉の泉金酒造、11日に出荷

龍泉洞内のセラーから日本酒を取り出す社員
 岩泉町岩泉の泉金酒造(八重樫義一郎社長)は7日、同町の龍泉洞で約4カ月間熟成させた日本酒を搬出した。「龍泉八重桜 秋あがり純米吟醸」として11日に出荷を始める。

 龍泉洞トンネル入り口から230メートル内部で、社員ら9人が作業。5月に熟成を始め、セラーに並ぶ純米吟醸酒1・8リットル入り600本、720ミリリットル入り3千本を丁寧に運び出した。

 年間を通じて温度10~11度で、紫外線の心配もない洞内で夏を越した酒は新酒特有の荒々しさが消え、口当たりがいいまろやかな酒に仕上がる。

岩泉町

岩手
龍泉洞、来場1600万人 ドラゴンブルーの地底湖、岩泉観光けん引
岩手
雑穀使い郷土食を伝えるカフェ 岩泉「種のたね」
岩手
岩泉町歴史民俗資料館がリニューアルオープン 旧小川小に移転
岩手
クイズで知る龍泉洞の魅力 29日までイベント
岩手
迫力の竜頭、3日まで撮影スポット 岩泉の龍泉洞が設置