新緑にツツジ鮮やか 平庭高原まつり

ツツジが見頃を迎えた久慈平庭県立自然公園を散策する子どもら
 平庭高原つつじまつり(実行委主催)は1日、葛巻町と久慈市にまたがる久慈平庭県立自然公園で始まった。来場者は新緑の中で咲くツツジを眺めながら、さまざまな催しを楽しんだ。

 1、2の両日は葛巻町江刈の森のこだま館をメイン会場に、屋台や音楽ステージなどを開催。初日から多くの来場者でにぎわった。ツツジはふもとでは終わりかけの株もあるが、まだまだ見頃。親子連れらがセミの鳴くシラカバ林を散策し、鮮やかな花を楽しんだ。

 同町江刈の五日市小4年木下榎乃(かの)さんと、弟の同1年煌大(こうだい)君は「ツツジがとてもきれい。ジンギスカンを食べるのが楽しみ」と満喫していた。

 最終日の9日は、久慈市山形町の平庭闘牛場で平庭闘牛大会つつじ場所が開かれる。

久慈市

岩手
かわいい「アマビエ」和菓子 久慈の製菓店が発売
岩手
久慈秋まつり中止の方向 実行委、来月総会に提示
岩手
三陸リアス亭にも多くの客 普代-久慈、三陸鉄道運行再開
岩手
三陸鉄道、台風禍から再出発 普代-久慈間、5カ月ぶり運行
岩手
米国の大学生ら背筋伸ばし座禅 外務省の交流事業