まちの風景、懐かしむ空間 大船渡市立博物館で新収蔵品展

市民らが寄贈した絵はがきや大漁旗などを眺める来館者
 大船渡市末崎町の市立博物館(鈴木満広館長)は、収集・収蔵している資料を紹介する「新収蔵品展1~なつかしの風景~」を開いている。

 市民から寄贈された資料など約100点を展示。昭和から平成の碁石海岸周辺や同市内の風景が描かれた絵はがき、2013年まで使われていた大漁旗などが並び、来館者は当時を思い浮かべながら眺めた。

 友人がいる同市を訪れ、立ち寄った青森市の青森県職員高嶋悠太さん(26)は「展示された物を見ると当時の暮らしや生活、風景が想像できるので面白い」と満喫した。

 9月24日まで。午前9時~午後4時半。月曜休館(祝日の場合は翌日)。入館料は大人300円、高校生以下無料。問い合わせは同館(0192・29・2161)へ。

大船渡市

岩手
海産物満載のラーメン楽しんで 大船渡「休み処 かわ喜」
岩手
新鮮ホタテ、大船渡で味わって 13日、夢海公園でフェスタ
岩手
ビートルズを愛するバンドが集結 大船渡・湾岸食堂で23日
岩手
東日本大震災の記録、鮮明に 大船渡で13日まで写真展
岩手
震災犠牲者悼む「竹あかり」 大船渡市民ら制作、4日から点灯