「軍事郵便」平和の尊さ再確認 釜石艦砲射撃78年で企画展

軍事郵便を眺め、戦時中に思いをはせる企画展の来場者
 1回目の釜石艦砲射撃から78年となる14日、釜石市鈴子町の市郷土資料館で企画展「戦時下の便り-釜石想(おも)う軍事郵便」が始まった。兵士となった市民が出征先から寄せたはがきには、故郷や家族を案ずる胸の内が切々とつづられている。生存証明として送った「命の便り」でもあり、来場者はその筆致から平和の尊さを再確認している。

 「洪水の夢を見ましたが別状はありませんか」「父母の言うことを守り身体を大切に働いてください」-。寄贈などで市が所蔵するはがき約60枚のうち、半数ほどを展示。山口や岡山など国内だけでなく、タイや東南アジアから送られたと思われるものもある。

 企画展は9月3日まで。火曜休館だが8月1、8、15日は臨時開館する。午前9時半~午後4時半。入館料は大人200円で、高校生以下と障害者手帳を持つ人は無料。問い合わせは同館(0193・22・2046)へ。

釜石市

岩手
全国から100人参戦、釜石で本格ミニ四駆レース 21日、初大会
岩手
満開のマンサクに雪化粧 釜石・日高寺
岩手
「泳ぐホタテの貝柱」全国2位 釜石・ヤマキイチ商店の桐箱ギフト
岩手
釜石・仲見世で多彩な催し楽しんで 有志がチャレンジショップ
岩手
甘くとろける伝統の味 釜石・甲子柿「目揃え会」