普代の味ふんだんの昆布冷麺を発売 スープとキムチも開発

昆布をふんだんに使った「ふだい昆布冷麺」。別売りのスープやキムチと相性抜群だ
 普代村の第三セクター青の国ふだい(代表取締役・柾屋伸夫村長)は17日、村特産の昆布をふんだんに使った新商品「昆布冷麺」を発売する。一緒に開発したスープやカクテキキムチとも相性抜群。盛夏を前に、地域の「味力」を発信する自慢の逸品が誕生した。

 開発したのは「ふだい昆布冷麺(乾麺)」と「普代産昆布だしの冷製スープ」、「わりぼし大根キムチ」の3商品。同村で販売する昆布麺シリーズの一つの冷麺は優しい緑色で、透き通ったスープとよく絡む。食べると豊かな香りが口にふわりと広がる。

 明るい赤色のパッケージが目を引く商品は、道の駅青の国ふだいで購入できる。国民宿舎くろさき荘でも販売予定。冷麺(2食入り)は398円(道の駅特別価格)、スープ(2食入り)180円、キムチ(120グラム)324円。「いくら良い商品でも、手に取ってもらえなければ始まらない」と、3点セットで千円以内という値段設定にもこだわった。

普代村

岩手
看板メニューは豆腐の唐揚げ 道の駅ふだいに「TOFokU食堂」開店
岩手
道の駅青の国ふだい、壁に絵描こう 参加者募り11月内に完成へ
岩手
ふだいまつり、山車制作や太鼓練習が大詰め 29日から3日間
岩手
道の駅「青の国」2周年 普代・25日までの記念イベントで特産品PR
岩手
「音楽の広場」地元バンドら披露 普代で22日、「ウニフェスタ」も