老舗守った夫婦のパン  花巻・伊勢勘商店のドン・ボスコ

パンを製造販売し、地域に愛される店を守り続けている深沢光さん、修子さん夫妻
 花巻市大迫町中心部の伊勢勘商店内にあるパン窯(がま)ドン・ボスコが開業20周年を迎えた。江戸時代に創業した同商店を「なくしてはならない」と8代目の深沢修子さん(66)と夫の光さん(64)が新たな事業として始めた。あめ、布団、呉服、文具など扱う商品は変わってきたが、地域に愛される店としてのれんを守っている。

 パンの香りが漂う店内。看板商品の「げんこつ」(100円)を購入した地元の子どもを笑顔で見送った光さんは「中に何も入っていないシンプルなパン。小麦のおいしさが分かっているみたい」と喜んだ。

 同商店は、現在の三重県から来た伊勢勘兵衛(1716~80年)が1750年ごろに創業。あめ屋として繁盛したとされ、1955~75年をピークに布団や呉服などを売るよろず屋として栄えたという。

花巻市

岩手
「ソロライブ」でバイキング会場に彩り 花巻温泉で初の試み
岩手
ひな祭り、湯と一緒に堪能して 花巻温泉郷、2月1日から
岩手
音楽と届ける宮沢賢治の世界 秋田の劇団わらび座、花巻で公演
岩手
道の駅石鳥谷彩る「ルンビニーアート」 花巻、コラボ商品販売も
岩手
岩手の芸術文化、花巻で体感しよう 20、21日に体験フェスタ