三陸鉄道「こたつ列車」ぬくもり運ぶ 「なもみ」も登場

列車内に突然現れて乗客を盛り上げる「なもみ」
 三陸鉄道(石川義晃社長)は、冬の風物詩「こたつ列車」を久慈-宮古間で運行している。走行中の車内には沿岸北部に伝わる「なもみ」も登場し乗客を楽しませている。

 24日は家族連れら8人が久慈駅から乗車。車内に設置された掘りごたつでくつろぎながら、車窓に広がる三陸の景色を楽しんだ。

 トンネル内で消灯した暗がりの車両奥から2体のなもみが出現。壁をたたきながら「なまけものはいねえが」と叫びながら乗客のそばに向かい、驚かせた。

 今季のこたつ列車は2023年3月26日までの土日祝日に1往復運転する。

久慈市

岩手
寒気の贈り物、氷筍きらきら 久慈の内間木洞、見学の児童歓喜
岩手
手のひらに「魚ガイド」 もぐらんぴあ、案内端末を試験運用
岩手
水槽の中は華やか、クリスマス気分 久慈、もぐらんぴあ企画展
岩手
芸術性と思いあふれる作品 久慈の障害者支援・はあと舎初展示
岩手
絵手紙で心和らげて 久慈で2教室が合同作品展