「買われる」少女の実態知って 17、18日盛岡で企画展

「性被害や支援の在り方について理解を深めてもらいたい」と願う実行委員
 貧困や虐待から児童買春の被害に遭った少女たちの体験や思いを写真や手記で伝える「私たちは『買われた』展」(Compass「私たちは『買われた』展」盛岡実行委主催)は17、18の両日、盛岡市内丸の県民会館で開かれる。主催者は「孤独を抱え、福祉の支援からもこぼれ落ちてしまった少女たちの現実を知ってほしい」と呼びかける。

 「“男性”は私を道具としてしか見なかった」「体を差し出す代わりにおにぎり一つもらった」。東北を含む全国各地で買春被害に遭った女性たちによる手記や心象風景を表現した写真など100点余りを展示する。

 同展は午前10時半~午後7時半(18日は同5時)。入場は前売りが1300円、当日1500円。高校生以下無料。前売りチケットはイベントサイト「Peatix」で販売中。トークイベントは入場無料、申し込み不要。問い合わせは同実行委(kawareta.morioka@gmail.com)へ。

盛岡市

岩手
今年も開催「もりおか短角牛フェア」 盛岡18飲食店、2月末まで
岩手
沿岸の手作り品買って、復興後押し 盛岡・カワトクで「絆フェア」
岩手
心躍る「氷の世界」 盛岡・薮川で造形やイルミネーション
岩手
世界の街並みを3Dアートに 盛岡で米画家の作品展、23日まで
岩手
かけて楽しむ薮川の味 まほら岩手と高校生、ソースを共同開発