青い湖面から生える新緑が映える 秋扇湖の水没林

 秋田県仙北市田沢湖の鎧畑ダムのダム湖・秋扇湖で、木々が湖面から生えているように見える「水没林」が出現している。小型無人機ドローンで上空から撮影すると、新緑の木々と青い湖面が鮮やかなコントラストを描いていた。

 県鎧畑ダム管理事務所によると、秋扇湖は4月上旬から大量の雪解け水で水位が上昇。ただ、6月初めには夏場の洪水期に備えて放水し水位を下げるため、こうした光景は見られなくなる。



 青空が広がった25日は、県内外から写真愛好家らが訪れていた。青森県八戸市の山本敏夫さん(73)は「新緑も水の色も鮮やか。いい写真が撮れました」と話した。

 水没林は、秋扇湖から玉川ダムのダム湖・宝仙湖に至る国道341号の新玉川大橋周辺から見ることができる。

仙北市

秋田
「角館のお祭り」観光やまぶっつけ 3年ぶり実施へ検討
秋田
玉川温泉ビジターセンター、展示内容一新 多言語音声解説も
秋田
みその味わいマカロンに 角館高生も開発、安藤醸造から発売
秋田
仙北市「かたくり群生の郷」3年ぶり開園 薄紫の花見頃
秋田
仙北市の「あきた花紀行」一部開催 「水ばしょう祭り」中止