八重桜見頃、花吹雪で桜のじゅうたんも 日本国花苑

遅咲きの八重桜が見頃を迎えている日本国花苑
 秋田県井川町の日本国花苑で、遅咲きの八重桜が見頃を迎えた。肌寒い風が吹いた2日は花吹雪となり、ピンクの花びらが芝生に落ち、じゅうたんのように地面を覆った。

 同苑の約40ヘクタールの敷地には200種2000本の桜が植えられている。品種や場所によって開花時期が異なり、長い期間花見を楽しむことができる。現在は「一葉」や「八重紅枝垂」など八重桜の種類がきれいに咲き誇っている。

 広場の周囲に植えられた「紅豊」は、風に吹かれて大きな花びらがひらひらと舞い散り、家族連れらが足を止めて眺めた。

 初めて訪れたという小林和子さん(63)=千葉市=は「初めて見る品種もたくさんある。一度にいろんな桜を楽しめるのがいい」と笑顔で話した。

 苑内には、ゾウやゴリラをモチーフにした彫刻も展示され、絶好のフォトスポットとなっている。

 同苑によると、これから咲き始める桜もあるため、今月中旬まで花見が楽しめる見込み。

井川町

秋田
早めに見に来て!バラ300種、色とりどり 日本国花苑
秋田
日本国花苑(秋田県井川町)
秋田
日本国花苑のバラ園(秋田県井川町)