柔らかワカメいかが 27日と来月6日、道川漁港で販売会

養殖したワカメを収穫する漁師=25日
 秋田県由利本荘市の漁師が養殖したワカメの販売会が、27日と来月6日、同市の道川漁港で開かれる。

 前日に周辺の海で収穫したワカメを、1袋(約1.5キロ)千円で販売する。新型コロナウイルスの感染対策として、商品や代金の受け渡しは車の窓越しに行う。両日とも道の駅岩城近くの同漁港で午前9時から販売し、なくなり次第終了する。

 地元漁師でつくる道川海の森づくり推進協議会が、2012年からワカメを養殖。毎年販売会を行っている。

 金森巳嗣(みつぐ)会長(78)は「柔らかく新鮮なワカメを多くの方に味わってもらいたい」と話している。

 問い合わせは岩城活魚センターTEL0184・73・2777(平日午前10時~午後4時)。

由利本荘市

秋田
地元産木材使ったこだわりの品展示販売 由利本荘の職人集団
秋田
「鳥海山 木のおもちゃ館」に名称変更 「遊べる場所」アピール
秋田
ハロウィーン列車、仮装して乗って 由利鉄、31日まで運行
秋田
癒やされる猫の写真ずらり にかほの女性、カダーレで初個展
秋田
幻想的な雲海、ブルーインパルス… 道の駅にしめで写真展