在りし日の街焼き付けて 陸前高田で写真展、28日まで

震災前の風景が並ぶ写真展
 東日本大震災後に拾得した写真などの返却を手掛ける陸前高田市の三陸アーカイブ減災センター(秋山真理代表理事)は28日まで、同市高田町のアバッセたかたで、在りし日の風景を伝える写真展を開いている。

 震災前の街並みや七夕など伝統行事、高田松原など35枚。25日には拾得写真の返却会を開くほか、展示写真のプリントを有料提供する。

 午前9時~午後7時(最終日は同3時まで)。返却会は午前10時半~午後4時半。問い合わせは同センター(0192・47・4848)へ。

陸前高田市

岩手
まち歩きしながら学ぶ防災 陸前高田で「クエスト大作戦」
岩手
ロダンの「考える人」陸前高田に 名古屋市博物館が貸し出し
岩手
「尾」の缶詰、全国金賞 タイム缶詰、イワシの残る部位活用
岩手
陸前高田の金剛寺で遍路旅 敷地に「四国八十八カ所霊場」を整備
岩手
手作りのキャンドル30種類 陸前高田、世界各国の雑貨も