火防と厄よけ、神事で祈願 一関・大東大原水かけ取りやめ

祭壇に向かい、火防を祈願する参加者(左)
 大東大原水かけ祭りは11日、一関市大東町の大原市民センターで行われ、保存会(金野幸冨(こうふ)会長)の役員や消防団員ら約40人が火防と厄よけを祈願した。

 新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、昨年に続いて「天下の奇祭」として知られる裸男への水かけなど大半の行事を取りやめ、神事だけに縮小した。

 金野会長(75)は「360年を超える歴史と伝統の祭りが火防と厄よけのみとなったのは残念。来年はコロナが収束し、いつも通りの形でできることを願う」とあいさつした。

一関市

岩手
両磐の焼き物や窯道具を展示 一関・せんまや街角資料館
岩手
夏の風物詩、3年ぶり開催 かわさき花火大会と藤沢野焼祭
岩手
古い農具を活用、楽器に変身 一関・大東の市民俗資料館で展示
岩手
「昭和レトロ」薫る駄菓子が人気 一関・千厩酒のくら交流施設
岩手
残雪踏みしめ景色を堪能 栗駒山山開き