トレイル応援店PR 宮古市、タペストリーを配布

山本正徳市長からタペストリーを受け取る安倍主税さん(左)
 宮古市は、みちのく潮風トレイルを軸に「トレイルタウン」として地域を盛り上げようと、オリジナルタペストリーの配布を始めた。ハイカーに優しい店と一目で分かるようにし、心温まるもてなしを通じて宮古のファン獲得につなげる。

 同市高浜の喫茶店・異人館に23日、山本正徳市長がタペストリーを届け「ハイカーの憩いや交流の場になり、宮古のファンが増えてほしい」と期待した。マスターの安倍主税(ちから)さん(66)は「海の青さや景色の美しさが地域の魅力。ハイカーを迎え、小さな困り事にも対応したい」と抱負を述べた。

 ハイカーに優しい店を「トレイルオアシス」と命名。利用客に知らせるタペストリーには「私たちは、みちのく潮風トレイルを応援します」とイラスト入りで訴える。異人館は飲料水の補給や機器の充電、情報提供に応じるほか、事前に連絡があればテントを張れるように敷地内のスペースを提供する。

宮古市

岩手
区界を満喫、雪の遊園地 そりや迷路が人気、19日まで
岩手
早採りワカメで春感じて 宮古で5日「まつり」初開催
岩手
旬の毛ガニとワカメを味わって 沿岸8施設が宿泊プラン
岩手
幸多き年、縁起物に託し 宮古で年末の風物詩「お飾り市」
岩手
三陸鉄道「こたつ列車」ぬくもり運ぶ 「なもみ」も登場