平和の尊さ伝える戦争遺物 盛岡、10日まで「集い」

「彗星」の機体の一部を前に学びを深める学習会の参加者
 盛岡市のいわて教育文化研究所(佐々木秀市所長)などは10日までの3日間、同市大通の岩手教育会館で、第8回平和を考える集いを開き、戦中、戦後の暮らしにまつわる展示などを通じ、平和の尊さを伝えている。

 原爆投下後の長崎で「焼き場に立つ少年」を撮影した米国人カメラマン、故ジョー・オダネルさんの写真57枚や、戦中、戦後の生活用品、教科書などの戦争遺物126点を展示。8日は、1945年に金ケ崎町に不時着した旧海軍の艦上爆撃機「彗星(すいせい)」に関する学習会も行い、約50人が参加した。

 10日は午前9時半~午後3時。入場無料。

盛岡市

岩手
盛岡の新球場で多彩なセレモニー 記念試合、さんさ、馬コ…
岩手
今年も開催「もりおか短角牛フェア」 盛岡18飲食店、2月末まで
岩手
沿岸の手作り品買って、復興後押し 盛岡・カワトクで「絆フェア」
岩手
心躍る「氷の世界」 盛岡・薮川で造形やイルミネーション
岩手
世界の街並みを3Dアートに 盛岡で米画家の作品展、23日まで