大洞貝塚、歴史ひもとく 大船渡市立博物館で特別展

大洞貝塚からの出土品を紹介する学芸員
 大船渡市末崎町の市立博物館(長沢敏之館長)は、大洞貝塚(同市赤崎町)の国史跡指定20周年を記念した特別展「おおほらの海と陸(おか)」を2022年3月21日まで開いている。同貝塚からの出土品や発掘調査の歴史を紹介、地域に残る貴重な文化財を分かりやすく解説している。

 同市内には、貝塚が県内最多の約30カ所で発見されている。中でも同貝塚は、繊細な文様を持った「大洞式土器」の出土で全国に広く知られ、01年に国の史跡に指定された。

 特別展は▽貝塚という場所▽おおほらの海▽おおほらの陸▽おおほらの歴史―の4テーマで構成。縄文時代晩期、約2千年前の同貝塚がどういう場所にあったのか、そして現在の海と陸との違いも知ることができる。

 年末年始は1月3日まで休館。月曜定休。一般300円、高校生以下無料。

大船渡市

岩手
東京タワーにサンマ再び 11月13日イベント開催、寄付募る
岩手
沿岸の旅、魅力知って スタンプラリーや体験企画の発信を強化
岩手
姉妹都市30年、歩み紹介 大船渡市×スペイン・パロス市
岩手
大船渡に海中美術館が今月開館 三陸PR、養殖場にホヤオブジェ
岩手
フリマ、バンド演奏楽しもう 大船渡・リアスホールで21日フェス