雪化粧の猊鼻渓、楽しんで 一関・こたつ舟から見る絶景

雪化粧した渓谷を進むこたつ舟
 日本百景に数えられる一関市東山町の名勝、猊鼻渓(げいびけい)は厳しい年の瀬寒波とともに、そそりたつ巨大な岩々が白に染まり、観光客はこたつ舟から水墨画の世界を楽しんでいる。

 数日来の雪が10センチ以上降り積もった28日。正午をすぎても気温が氷点下の寒さの中、県内外の観光客は豆炭あんかが入ったこたつで暖を取り、凌雲岩や壮夫(そうふ)岩など白く雪化粧した断崖絶壁の絶景を写真に収めた。

 今月始まったこたつ舟の運航は来年2月末まで、年中無休。

一関市

岩手
両磐の焼き物や窯道具を展示 一関・せんまや街角資料館
岩手
夏の風物詩、3年ぶり開催 かわさき花火大会と藤沢野焼祭
岩手
古い農具を活用、楽器に変身 一関・大東の市民俗資料館で展示
岩手
「昭和レトロ」薫る駄菓子が人気 一関・千厩酒のくら交流施設
岩手
残雪踏みしめ景色を堪能 栗駒山山開き