光の迷路、夜に憩う 雫石・小岩井農場、あすからイベント

小岩井農場まきば園内を鮮やかに彩る「巨大迷路」のイルミネーション=29日、雫石町丸谷地
 雫石町丸谷地の小岩井農場まきば園のイルミネーションイベントが1日、2年ぶりに開幕する。例年より範囲を広げ、約90万個の発光ダイオード(LED)でまきば園全体を装飾。光の巨大迷路や障害者のアート作品など初めての展示も用意し、冬の夜を彩る。

 29日は関係者・報道向けに内覧会を開催。全長50メートルの光のトンネルやクリスマスツリーといった恒例の装飾に加え、室内にはサイロや牛舎を表現した牛乳パックランタンも設置し「牧場らしさ」にこだわった。障害者のアート作品は、盛岡市のヘラルボニーとコラボレーションした。

 2013年から開催していたが、昨年度は新型コロナウイルス禍で初めて中止した。同農場の企画農場コンテンツマネージャー佐藤康さん(45)は「家族で外出するきっかけになればうれしい。温かい気持ちになってもらえたらいい」と期待を込める。

 来年1月4日まで(12月31日休園)。開園時間は午後4~8時。入場料は中学生以上千円、小学生以下無料。

雫石町

岩手
近づく冬、心温まる光 あすから小岩井農場でイルミネーション
岩手
「雫石冬フェスタ」来年2月開催へ 雪まつり後継イベント
岩手
朗読で新美南吉の世界 雫石町民劇場、あす上演
岩手
雫石産米の日本酒「ひと雫」広がれ 国際品評会では「最高金賞」
岩手
3年ぶり、交流の音色 あす雫石で演奏会、七ツ森小と初共演