「殻」融合、独自の世界 盛岡で加村なつえさん(美術家)個展

「あしたのアフロディーテ」(手前)など、多くのインスタレーションで構成された会場
 盛岡市の美術家加村なつえさんの個展「in the shell on the Abalone shell」は、同市上ノ橋町のギャラリー彩園子Ⅱで開かれている。「アバロン」はアワビのこと。沿岸生まれのルーツに関係するアワビの殻と、大好きな卵の殻を組み合わせた独自の世界が広がる。

 インスタレーション(空間展示)を中心に、半立体作品、デジタルイラストなど計28点。

 11月6日まで。10月31日は休廊。午前10時から午後7時(最終日同5時)まで。問い合わせは同ギャラリー(019・654・4965)へ。

盛岡市

岩手
盛岡花火の祭典、10日生配信 無観客開催、自宅観賞を呼びかけ
岩手
秋吉敏子さんの魅力満載 盛岡バスセンターにミュージアム
岩手
新バスセンター発進 盛岡の街、にぎわい創出
岩手
待望、盛岡集いの拠点 新バスセンターきょう開業
岩手
障害者アート、新バスセンターのホテル彩る 盛岡・ヘラルボニー