「殻」融合、独自の世界 盛岡で加村なつえさん(美術家)個展

「あしたのアフロディーテ」(手前)など、多くのインスタレーションで構成された会場
 盛岡市の美術家加村なつえさんの個展「in the shell on the Abalone shell」は、同市上ノ橋町のギャラリー彩園子Ⅱで開かれている。「アバロン」はアワビのこと。沿岸生まれのルーツに関係するアワビの殻と、大好きな卵の殻を組み合わせた独自の世界が広がる。

 インスタレーション(空間展示)を中心に、半立体作品、デジタルイラストなど計28点。

 11月6日まで。10月31日は休廊。午前10時から午後7時(最終日同5時)まで。問い合わせは同ギャラリー(019・654・4965)へ。

盛岡市

岩手
旬の食材で彩るチャグ馬弁当 盛岡・東家、6月11日まで
岩手
優美で実用的、マイセン産の陶磁器 盛岡、24日まで展示販売
岩手
「花農ソーセージドッグ」発売 盛岡・PanoPano向中野店、22日まで
岩手
省三、紅子が愛した風景 盛岡・野の花美術館で企画展
岩手
姫神山頂から眺める岩手山は爽快 盛岡、山開き