生演奏がつなぐ地域の輪 協力隊員ら企画イベント、一戸で開幕

猿楽さん(右)のピアノ生演奏を楽しむ来場者
 音楽の生演奏イベント「Iwate Music Lovers(イワテ・ミュージック・ラバーズ)」は24日、一戸町西法寺のIGRいわて銀河鉄道一戸駅内で開幕した。県北の地域おこし協力隊メンバーらが連携して企画。今後、さまざまな会場で癒やしやにぎわいを提供していく。

 駅内の町交流スペース・いちドキ広場で、二戸市地域おこし協力隊で音楽家の猿楽(さるがく)さん(43)がピアノを演奏した。御所野遺跡をテーマにしたオリジナル曲や客のリクエストに応えて約10曲。

 来場者は15人ほど。隣接のカフェ・いちのへ日和のスイーツも提供され、二戸市石切所のNPO職員小山田四一さん(70)は「ノリノリの演奏とスイーツで楽しいひとときだった」と満喫した。

 町内の催しで出会った猿楽さんと町地域おこし協力隊の高橋直樹さん(50)が「音楽を通して人の輪を広げたい」と意気投合し、近隣の地域おこし協力隊などに声を掛けて実行委を組織した。企画テーマは「音楽で毎日が輝きはじめる」。子どもやアマチュア演奏家、伝統芸能なども組み入れ、県北中心に展開していく。

 今後は11月6日に葛巻町・やどり木、21日に岩手町・らく丸、12月4日は二戸市・BAR MIKADO、18日には洋野町・旧宿戸小学校食堂で予定。問い合わせは高橋さん(070・1142・7220)へ。

一戸町

岩手
3年ぶりの「いちのへクラフト」 一戸、手仕事の魅力を発信
岩手
古里愛満載の作品展 一戸・柴田外男さん、記念バッグもデザイン
岩手
御所野の豊かな自然、歩いて触れる 一戸、縄文公園で里山観察会
岩手
気軽にランチいかが 一戸町が飲食店マップ作製
岩手
北東北の観光復活へ一丸 多彩な企画展開、各県夏祭りと連動も