三陸の幸と景色をお座敷列車で堪能 三鉄、23日から運行

プレミアムランチ列車をPRする中村一郎社長(中央)ら
 三陸鉄道(中村一郎社長)は23日から、臨時列車「2021年プレミアムランチ列車秋号」を運行する。お座敷列車がリアス線宮古―盛駅間を走行。景色を楽しみながら三陸の海の幸を味わうひとときを提供する。

 午前11時5分宮古発、午後1時55分盛着。片道運行で津軽石、陸中山田、岩手船越、大槌、鵜住居、釜石、三陸の7駅でも乗降できる。乗車区間の運賃と座席指定料金300円が必要。

 11月28日までの土日祝日に運行。乗車2日前の午後1時までに予約する。問い合わせ・予約は三陸鉄道旅客営業部(0193・63・7727)へ。

釜石市

岩手
区画自由、広々キャンプ 釜石・根浜で新サイト運用開始
岩手
夢いっぱい短冊に込め JR釜石駅で園児が七夕の飾り付け
岩手
希少植物の標本展示 釜石で自然・生活環境展
岩手
父の日は海の幸と地酒で感謝 釜石、6月末まで販売
岩手
環境に優しい周遊楽しんで 釜石、超小型EVを貸し出し