角突き力比べ激しく 久慈で平庭闘牛大会もみじ場所

激しいぶつかり合いを繰り広げる雄牛
 平庭闘牛大会もみじ場所(いわて平庭高原闘牛会主催)は17日、久慈市山形町の平庭闘牛場で開かれ、力自慢の雄牛たちが激しいぶつかり合いを繰り広げた。

 体重約500キロ~1トンの22頭が出場。土俵入りした牛たちは鳴き声や鋭い眼光で相手を威嚇し、「ゴツッ、ゴツッ」と音を立てながら角を突き合わせた。

 小雨が降り冷え込んだが、県内外から訪れた約千人は、迫力満点の戦いに熱中。中にはほとんど戦意がない牛もいて会場は拍手や笑いに包まれた。

 大会は東北唯一の闘牛で、例年5~10月に4場所実施。今年は新型コロナウイルス感染症の影響で8月のしらかば場所が中止となった。

久慈市

岩手
闘牛、熱く「つき合い」40年目 久慈の平庭大会、あす15日開幕
岩手
「サーフィンの街」新拠点 久慈市の中心部からファン増目指す
岩手
小さな「輝き」見つけた 久慈・琥珀博物館で採掘体験
岩手
お帰り、べっぴんの湯 4月11日、再オープン
岩手
久慈から願う世界平和 ウクライナ国旗色にライトアップ