角突き力比べ激しく 久慈で平庭闘牛大会もみじ場所

激しいぶつかり合いを繰り広げる雄牛
 平庭闘牛大会もみじ場所(いわて平庭高原闘牛会主催)は17日、久慈市山形町の平庭闘牛場で開かれ、力自慢の雄牛たちが激しいぶつかり合いを繰り広げた。

 体重約500キロ~1トンの22頭が出場。土俵入りした牛たちは鳴き声や鋭い眼光で相手を威嚇し、「ゴツッ、ゴツッ」と音を立てながら角を突き合わせた。

 小雨が降り冷え込んだが、県内外から訪れた約千人は、迫力満点の戦いに熱中。中にはほとんど戦意がない牛もいて会場は拍手や笑いに包まれた。

 大会は東北唯一の闘牛で、例年5~10月に4場所実施。今年は新型コロナウイルス感染症の影響で8月のしらかば場所が中止となった。

久慈市

岩手
絵手紙で心和らげて 久慈で2教室が合同作品展
岩手
沿岸の旅、魅力知って スタンプラリーや体験企画の発信を強化
岩手
お帰り「高校生海女クラブ」 久慈・ヨムノスで3年ぶりの活動
岩手
帰ってきた「あまちゃん」ウニ大漁 久慈・小袖で実演再開
岩手
「つりがね洞」を射抜く朝日 久慈、夏至前後1週間だけの光景