手軽、本格 カツオの漬け 三鉄「丼の具」第3弾、10月発売

丼の具「カツオの漬け」をアピールする関係者
 三陸鉄道(宮古市、中村一郎社長)は10月1日、人気商品シリーズ「漬け丼の具」第3弾としてカツオの漬けを発売する。三陸産カツオを使い、人気の居酒屋が開発した本格的な味を食卓に届ける。

 商品は解凍してご飯に盛り付けるだけ。しょうゆだれとごまだれの2種類セットで1080円。

 宮古市栄町の三鉄本社で28日、発表会を開き、中村社長や関係者が出席した。シリーズを監修するパイロットフィッシュ(盛岡市)の五日市知香社長、商品開発した石山水産(山田町)の石山勝貴社長がこだわりを説明。レシピを考案した居酒屋里伊(さい)(盛岡市)の伊勢央(ちから)店主は「ショウガを利かせ、カツオのうま味を生かした」と述べた。

 10月1日から三鉄売店さんてつや、カワトク、カワトクキューブⅡで販売。里伊は同5日から期間限定で店頭販売する。11月1日からは三鉄オンラインショップでも購入できる。

宮古市

岩手
「浄土ケ浜夜市」楽しもう 7月2日、ナイトウオークも
岩手
女子レスラー、古里を沸かす MIRAIさん、あす本県で初の試合
岩手
山開き、自然に包まれ 早池峰山、3年ぶりに神楽奉納
岩手
朝のヨガで自然も元気に 宮古、収益寄付し環境保全
岩手
特産使った酢飲料で元気っす 宮古・川井、シソと黒豆の2種開発