いぶりがっことしょっつる入りの焼きビーフン 29日発売

県産のいぶりがっことしょっつるを使用した「秋田ケンミン焼ビーフン」
 米粉商品などを製造販売するケンミン食品(神戸市、高村祐輝社長)は、秋田県のいぶりがっことしょっつるを使用した冷凍食品「秋田ケンミン焼ビーフン」を発売する。県の記念日である今月29日から1万2千個限定で県内スーパーなどで売り出す。

 全国47都道府県の特産品を使用したビーフンを発売する同社の「47都道府ケンミン焼ビーフンプロジェクト」の一環。同社は昨年、県立大発のベンチャー企業・スターチテックや潟上市と包括連携協定を締結。県立大が開発したコメを使った国産ビーフンの開発を進めている。今回の商品開発も連携協定をきっかけに始まったという。

 ケンミン食品は、県が紹介した食材から、いぶりがっことしょっつるを採用。塩ベースの焼きビーフンに、うま味が残りやすいハタハタ100%のしょっつるを加え深みのある味わいに仕上げた。いぶりがっこは具材に使用し、独特の香りとパリパリとした食感がアクセントとなっている。

 19日に県庁で商品発表会見が開かれ、オンラインで参加した高村社長は「米どころの秋田には米の麺であるビーフンに合う食材が多く、どれを採用するか悩んだ。好評であれば全国展開し、商品を通じて秋田食材の魅力を全国に発信していきたい」と語った。

 食材を提供した県いぶりがっこ振興協議会の鈴木辰美会長は「香りがよく出ている。多くの方に楽しんでほしい」、しょっつる研究会の高橋信一会長は「しょっつるの可能性を改めて感じた。満足のいく出来栄えだ」と話した。

 180グラム入り、税込み430円。県内のスーパーや土産物店、ケンミン食品の通販サイトなどで取り扱う。

岩手
盛岡花火の祭典、10日生配信 無観客開催、自宅観賞を呼びかけ
岩手
ハロウィーン装飾列車乗って 三陸鉄道、31日まで運行
秋田
「苦労するほど美しく」 秋田市の75歳男性、ステンドグラスに夢中
岩手
秋吉敏子さんの魅力満載 盛岡バスセンターにミュージアム
岩手
皇室と本県の縁たどる 一関市博物館、作品やパネルで紹介