ジュニアガイド、伊勢堂岱遺跡を案内 2年ぶり夏休み活動

伊勢堂岱遺跡を案内するジュニアボランティアガイド
 秋田県北秋田市脇神の国指定史跡・伊勢堂岱遺跡のジュニアボランティアガイドが7日、夏休み期間の活動を始めた。昨年は新型コロナウイルスの感染拡大の影響で活動を中止していたことから、ガイドの実施は2年ぶり。小学4年生から高校1年生までの21人が、世界文化遺産に登録された「北海道・北東北の縄文遺跡群」を構成する地元の遺跡を来場者に紹介した。11日まで。

 新型コロナ対策として、案内は原則県内在住者に限定し、事前予約制で実施。例年はガイド1人が遺跡内を一通り案内していたが、今年は2人ずつ4カ所に分かれて各地点で行った。ガイダンス施設・伊勢堂岱縄文館内でのガイドは取りやめた。

 小中高生のガイドは、伊勢堂岱遺跡の環状列石には30種類以上の石が使われていることや、白神山地を望む台地の上にあることなどを紹介。強い日差しの下、日傘を差して案内した。

 ガイド歴7年目の村上己太郎さん(16)=大館鳳鳴高1年=は「緊張したが遺跡の魅力を伝えることができたと思う。世界遺産登録をきっかけに、伊勢堂岱遺跡を全く知らなかった人もたくさん来ると思うので、今後もしっかりと紹介したい」と話した。

 三種町から訪れた40代女性は「魅力を伝えたいという強い気持ちを感じた。子どもたちが一生懸命で素晴らしい取り組みだと思う」と話した。

 ジュニアボランティアガイドは毎年4、5月の大型連休と8月の夏休みに活動している。今年は52人がガイドに登録している。

 ガイドの予約は縄文館TEL0186・84・8710

北秋田市

秋田
食べられないけどお土産にぴったり! バター餅キーホルダー
秋田
夏映え2021:二ノ滝(北秋田市) 落差20メートル、流水幾筋も
秋田
縄文号乗って伊勢堂岱の日帰り旅を 内陸線がイベント列車
秋田
クマも喜ぶ? ハチミツ入りプリン、道の駅たかのすに登場
秋田
本格的な観光シーズン到来、太平湖で湖水開き 北秋田市森吉