冷し餅 夏にぴったり新食感 北上・展勝地レストハウスで販売

ひんやり冷たい餅をさまざまな味で楽しめる「冷し餅」
 北上市立花の展勝地内でレストハウスを運営する展勝地(軽石倫史(ともひと)社長)は、新商品「冷し餅」を発売した。冷やした餅をさまざまな味で提供。8月末までの期間限定で、夏ぴったりの新食感が堪能できる。

 新商品には、朝に臼ときねでついた一口サイズの餅を4個入れた。味はみたらし、ごま、こしあん(各350円)、ずんだ、よもぎ、くるみ(各450円)の6種類。ソフトクリームのトッピング(200円)もあり、好きな味と組み合わせて「餅スイーツ」としても楽しめる。

 展勝地の桜が散った後の誘客につなげようと、レストハウス名物の餅を夏仕様にアレンジした。餅は冷やすと硬くなるため、砂糖水を混ぜ合わせて風味や食感を保つ工夫を施した。

 今年は展勝地開園100周年の節目。開発を担った餅部の片方智宏部長(42)は「夏休み中の子どもや帰省者ら多くの人に味わってもらい、記念の年を盛り上げたい」と期待する。

 レストハウスの店頭で販売する。よもぎは土日と祝日のみ扱う。午前10時~午後5時。月曜定休。問い合わせは同社(0197・64・2110)へ。

北上市

岩手
写真と絵が入り交じる作品 北上で石田貴裕さん美術展
岩手
アレルギー対応、安心の味 北上・洋菓子店、小麦粉などを不使用
岩手
美しい刀、込められた思いも知って 北上市立博物館で企画展
岩手
展勝地の桜並木が満開 北上、見頃は24日ごろまで
岩手
月1回、展勝地で走ろう 北上の愛好家団体、23日無料企画始動