海開き、砂浜に響く歓声 釜石・根浜海岸、震災後初の全面開放

砂浜で遊びながら笑顔を見せる子ども
 釜石市鵜住居(うのすまい)町の根浜海岸海水浴場は22日、海開きした。東日本大震災で流失した砂浜の再生工事が完了し、初めての全面開放。多くの家族連れらでにぎわい、笑い声が響いた。

 色とりどりのビーチテントが並び、保護者らが見守る中で子どもたちは浮輪で泳いだり、砂浜に穴を掘って遊んだ。地元団体らによる地引き網やシュノーケリングなどの体験プログラムも行われた。

 同海岸では延長約450メートルの砂浜再生工事が昨年完了した。海水浴場は8月15日までの期間、午前10時~午後4時に利用できる。

釜石市

岩手
「うにぎり」広がる磯の香り 釜石・道の駅仙人峠、土日祝日に販売
岩手
県内3つの世界遺産を紹介 平泉・ガイダンスセンターで企画展
岩手
おしゃれな防災備蓄食 3種の魚介リゾット缶詰、6月発売
岩手
心躍る黄色のじゅうたん 釜石の菜の花畑、15日まで一般開放
岩手
来春運行終了、SL銀河を見に来て 4日、釜石駅で車両一般公開