林道サイクル楽しんで ふれあいらんど岩泉、子ども用MTB導入

8月1日の運用開始に向けて配備されたマウンテンバイク
 岩泉町乙茂のキャンプ施設ふれあいらんど岩泉(箱石融(とおる)支配人)は子ども向けマウンテンバイク(MTB)6台を導入した。新たなアクティビティーとして裏山にコースを整備中で8月1日から運用予定。新型コロナウイルス禍で野外活動が注目を浴びる中、山林の利活用や、サイクルツーリズムによる交流人口拡大とまちおこしを目指す。

 森林を活用した地域活性化やスポーツ振興などに取り組む町地域おこし協力隊の大山幸真(ゆきまさ)さん(33)が、MTBに触れる機会を増やそうと企画した。

 MTBは全て子ども用。付き添い用に大人向けの電動アシスト自転車3台も貸し出す。ほとんど利用されていなかった施設の裏山にMTBやトレイルランニングに対応した全長約2キロのコースを月内にも整備。舗装道のほか、砂利道、重機で作った山道など多彩な路面と高低差を楽しめる。

 敷地内にはコテージやオートキャンプ場など宿泊施設が充実し、町内外からの利用を見込む。箱石支配人は「これまで子どもに遊ばせる場所は遊具周辺しかなかった。アウトドア気分をもっと楽しみ、施設内の周遊や近隣の道の駅いわいずみへの買い物にも使ってほしい」と期待を込める。

 大人用MTBの導入も計画する。町内の林道を舞台にMTBやランニングで競う大会を昨年に続き計画中の大山さんは「三陸では自然の中でMTBを楽しめる所は少ない。子どもたちに興味を持ってもらうきっかけにしたい」と自然を活用したサイクルツーリズムの普及促進を思い描く。

 MTBレンタルは1台1時間千円(町民割あり)、電動アシスト自転車は同30分100円(最大2時間半まで)で、当日現地で申し込む。コースガイドは予約が必要。問い合わせはふれあいらんど岩泉(0194・22・5211)へ。

岩泉町

岩手
龍泉洞で酒まろやかに 岩泉・泉金酒造が搬出、出荷へ
岩手
豪雨災害、命の教訓継承 復旧や防災活動伝える
岩手
龍泉洞が閉洞 岩泉、雨の影響で通路冠水
岩手
「鍾乳洞の縁」長崎の味ずらり 岩泉・道の駅で西海市フェア
岩手
岩泉町、初の1億円突破 ふるさと納税、ヨーグルト返礼品人気