観光レディー「秋田のファン増やす」 新メンバー3人に委嘱状

「あきた観光レディー」の5人。右から新人の椛澤さん、田村さん、阿部さん、2019年度に選ばれた久留島さん、菅原さん
 秋田の魅力を発信する本年度の「あきた観光レディー」の発表会が18日、秋田市のにぎわい交流館で行われ、新たに選ばれた3人に委嘱状が渡された。昨年度は新型コロナウイルスの影響で選考を中止しており、本年度は一昨年度選ばれた2人を加えた計5人で活動する。

 この日、委嘱されたのは椛澤好心(このみ)さん(19)=専門学生、能代市出身、田村友明子(ゆめこ)さん(20)=大学生、横手市出身、阿部彩さん(25)=フリーアナウンサー、秋田市出身。

 新レディーを代表して阿部さんが「豊かな自然や、人情に厚い人々など古里秋田の素晴らしさを一人でも多くの人に知ってもらえるよう努力していく」と誓いの言葉を述べた。

 発表会では、秋田観光コンベンション協会の三浦廣巳理事長が委嘱状を手渡し「アフターコロナを見据え、秋田を訪れる人が楽しく、安心して観光できるよう心を込めて秋田を発信してもらいたい」と激励した。

 椛澤さんは「全国へ食の豊かさを伝え、秋田と全国を結ぶキューピッドになります」、同じく田村さんは「秋田のファンを増やすという強い気持ちで活動していきます」とそれぞれ意気込みを語った。

 応募総数は24人。書類、面接審査を経て選ばれた。任期は2023年5月までの2年間。本年度一緒に活動するのは久留島涼香さん(23)、菅原穂乃香さん(24)の2人。

 あきた観光レディーの5人は、6月に恒例のフキ刈り撮影会や8月に予定されている秋田竿燈まつりなどのイベントに参加する。

秋田市

秋田
古代の秋田人、災厄とどう向き合った? 秋田城跡から探る
秋田
メトロ屋上でBBQできる! 別館開業企画、10月3日まで
秋田
人気の「うどんそば自販機」、Tシャツなどグッズできました
秋田
県民に親しまれる、あの味がおかきに 3社共同開発、商品化
秋田
来場者、画家の労力に思いはせる 9日まで春の院展・秋田展