新緑が彩る線路をレールバイクで走る家族連れ=3日、宮古市刈屋
 4日はみどりの日。宮古市和井内では3日、旧JR岩泉線の線路上を専用自転車で走る「レールバイク」を楽しむイベントが行われ、新緑のトンネルを風を切って走り抜けた。

 地元の和井内刈屋地域振興会(藤原光昭代表)が運行し、午前11時発の便には7人が参加した。コースは旧岩手和井内駅から旧中里駅間の往復約6キロ。日差しが差し込む林間を、ゆったりと進んだ。

 11月28日までの土日祝日、有料で乗車できる。問い合わせは同振興会の藤村茂さん(080・5564・2310)へ。

宮古市

岩手
笑顔あふれる新広場 宮古・道の駅やまびこ館、大型遊具を設置
岩手
観光復活 担う決意 県北バス入社式、初の男性バスガイド採用
岩手
震災遺族10年の軌跡、映像で きょうから宮古で報道展
岩手
「がっくらの郷」に爽やか新味 陸前高田のユズを使用
岩手
春めく潮風とトレッキング 宮古・重茂地区