古里発信、華やぐ笑顔 第23代大船渡つばき娘に3人

第23代大船渡つばき娘に任命された、(左から)菅野二千夏さん、田村春華さん、細谷夏美さん
 大船渡市観光物産協会(斉藤俊明会長)は第23代大船渡つばき娘3人を任命した。椿(つばき)の里・大船渡を市内外へPRする。

 任命されたのは菅野二千夏(にちか)さん(20)=盛町・市農協、田村春華(はるか)さん(20)=赤崎町・成仁会、細谷夏美さん(26)=大船渡町・市役所。同市大船渡町のおおふなぽーとで4月30日行われた任命式で3人は斉藤会長から任命書を受け取り、第22代メンバーからたすきを引き継いだ。

 任期は5月1日から1年間。2022年3月の全国椿サミット大船渡大会など、さまざまな場面で活躍が期待される。3人は「きれいな景色とおいしい海産物を多くの人に発信する」「先代の方々ができなかったことをやってみたい」と意気込んだ。

 3日開幕の碁石海岸観光まつりでお披露目し、市内外のイベントなどで同市の魅力を発信する。

大船渡市

岩手
キャンプ場の安全利用祈る 碁石海岸、きょうから
岩手
大船渡夏まつり 8月6、7日開催へ 規模縮小し2年ぶり
岩手
色鮮やか 五葉山の初夏 ヤマツツジ、青空に映え
岩手
美しい大船渡を空撮 ドローンパイロットの写真や動画展示
岩手
三陸走破のレース開催へ 23年に500人規模で計画