津波伝承館で二つの企画展 陸前高田、リーフレット多言語対応

沿岸市町村の航空写真を経年比較した企画展
 陸前高田市気仙町の東日本大震災津波伝承館は4月11日まで、二つの企画展を開催している。

 「復興を共に進める」と題した企画は、本県沿岸12市町村21地域の航空写真を経年比較したパネルやスライドショーを展示。「児童・生徒の感想、レポート展」は、2020年度に修学旅行などで同館を訪れた県内外13校の小中高生の感想文などを紹介する。

 21年度の復興祈念公園全面開園に向け、来館者に配布するリーフレットを多言語対応した上で内容を一新した。日本語と英語版のみだったB4判四つ折りのリーフレットは、中国語や韓国語、小学生版を加えてA4判三つ折りに改訂。公園全体の地図や内部公開する震災遺構の説明文などを充実させた。

陸前高田市

岩手
10年ぶり、砂浜に刻む足跡 陸前高田・高田松原海岸
岩手
「がっくらの郷」に爽やか新味 陸前高田のユズを使用
岩手
高田松原海水浴場 一般開放へ 4月から、夏に11年ぶり海開き
岩手
思い出す 震災前の町並み 陸前高田、模型や写真を展示
岩手
来月28日に一部開業 陸前高田・ワタミの農業テーマパーク