幸せの味 紫あ波せワイン フルーツパーク2種類販売

「紫あ波せワイン」の甘口と辛口
 紫波町遠山の紫波フルーツパーク(社長・熊谷泉町長)は2020年町産の高品質のブドウを使用した「紫あ波せワイン」を甘口、辛口の2種類販売している。

 甘口(1078円)は1万9100本を販売。2種類のブドウで仕上げた。フルーティーな香りが広がり、酸味と甘みのバランスが程よい。辛口(1188円)は1万2600本を販売。6種類のブドウをブレンドし、渋みと爽やかな酸味が感じられる奥深さがある。

 醸造課の佐藤大樹課長(42)は「食事と合う香り、味に仕上げられた。カジュアルに飲んでいただければ」とPRする。

 いずれも900ミリリットル入り。県内の酒販店、スーパーなどで販売している。

 問い合わせは紫波フルーツパーク(019・676・5301)へ。

紫波町

岩手
身近な獣害、考えよう 紫波町図書館、23日トークイベント
岩手
ずらり新酒ワイン 紫波町・フルーツパーク感謝市
岩手
個性的なかかし たくさん 紫波ふる里センターでまつり
岩手
利き酒大会、オンラインで 古館まちづくりの会
岩手
紫波町巡って謎解こう 地域再発見へイベント