九戸のゆるキャラ立体化 着ぐるみ制作、高校生ら活用

九戸村が新たに制作した「まさざねくん」(左)と「神楽舞」の着ぐるみ
 九戸村は、村のゆるキャラで九戸政実(まさざね)をモチーフにした「まさざねくん」と江刺家(えさしか)神楽を舞う「神楽舞」の着ぐるみを初めて制作した。

 細部の設計は同村の伊保内高の2年生2人が担当。戸田好音(このん)さんは「これまでの絵のイメージをそのまま立体にするよう心掛けた」と振り返る。

 今後は主に同校の生徒が村活性化や情報発信のために活用する予定。

九戸村

岩手
チキンカツ人気決定戦 二戸市・九戸の16店が「オブチキ杯」
岩手
「きゅーとな夏野菜」味わって 九戸、25日まで初のまつり
岩手
守り楽しむヒメボタル 折爪岳、観賞者増え10~18日に交通規制
岩手
集え「ぼくらの森の家」 九戸・コロポックルランド、2年ぶり営業
岩手
誕生「オブチキバーガー」 二戸・阿部繁孝商店、24日に限定販売