表情愛らし ひなまつり 釜石で手作り人形展

色鮮やかな作品が並ぶひなまつり展
 釜石市の手芸教室に通う女性たちが制作したつるし飾りや人形を飾るひなまつり展は3月3日まで、同市大町のテットで開かれている。色鮮やかな作品が並び、会場は華やかな雰囲気に包まれている。

 テットの主催。同市のミシン・手芸用品販売ニコー商会が協力し、同社の里舘恭子さん(60)の指導を受ける14人が作った約250点が並ぶ。花や動物が連なるつるし飾りやちりめん細工のえとなど作り手の個性がにじむ。

 展示は4回目。前回はワークショップも開いたが、今回は新型コロナウイルス感染症の影響を踏まえ展示のみとした。里舘さんは「作り手によって顔の表情も大きさも違う。作品を見て少しでも穏やかな時間を過ごしてほしい」と願う。

 午前9時~午後9時。入場無料。問い合わせはテット(0193・22・2266)へ。

釜石市

岩手
釜石湾の自然美を堪能 漁船クルーズ、1日から
岩手
沿岸最大級、ドッグラン24日開業 釜石のホテル、一緒に宿泊も
岩手
うま味凝縮、カキ缶詰 「桜満開牡蠣」の水煮を開発
岩手
根浜海岸、待望の「完全復活」 釜石、震災で砂浜が流失
岩手
心身安らぐ宿再開へ 釜石・台風19号被災、土砂災害強い構造に