麗し 貝びな人形 盛岡・志波城古代公園で展示会

華やかな貝びなが並ぶひなまつり展
 盛岡市上鹿妻の志波城古代公園のいにしえのひなまつり展(志波城跡愛護協会主催)は3月7日まで、同公園案内所で開かれ、華やかな貝びな人形が来場者の目を楽しませている。

 主にハマグリやアサリなどの二枚貝を使った貝びな約30組を展示。着物の布地などを丁寧に貼り付け、みやびな雰囲気でひな段飾りを再現している。

 ひなまつりは平安時代の貴族の子女が人形を作った「ひいな遊び」を起源とする説がある。二枚貝は夫婦の縁起物とされ、良縁への願いが込められている。

 同公園事務局の玉川英喜さん(68)は「装飾のきれいさや手作り品のきめ細やかさが感じられる展示。古代に思いをはせることで、公園への関心も高まればいい」と期待する。午前9時~午後4時。入場無料。

盛岡市

岩手
渋民の道の駅 3ゾーン整備 盛岡市、配置イメージ固まる
岩手
わが家で「ア・ラ・モンタン」 看板メニューのテークアウト開始
岩手
ラーメン人気店 盛岡へ 奥州・SAMURAI桃太郎4月末出店
岩手
県北、県央の酒蔵堪能を 盛岡振興局、来月までスタンプラリー
岩手
注目「台湾カステラ」 盛岡のホテル販売、しっとり感で人気