宮古市役所がライトアップ 光で表す感謝の思い、21日まで

ナミビア国旗と同じ「青赤緑」の配色でライトアップされた宮古市役所
 宮古市は12日、同市宮町の市役所庁舎のライトアップを始めた。東京五輪・パラリンピック「復興ありがとうホストタウン」の相手国の国旗の色など、色とりどりの光で復興支援や交流に感謝を表す。

 配色は復興をイメージしたピンクとオレンジ、医療従事者への感謝を示す青に加え▽シンガポール国旗▽ナミビア国旗▽市のイメージカラー▽サケ-の計6種類。4分間で全種類を見ることができる。

 21日まで庁舎北東側で午後5~10時に点灯。三陸鉄道宮古駅から眺めた宮古高1年の吉田愛夏(まなか)さんは「光る市役所が見られるのは珍しく、ちょっといい気分になる」と足を止めた。

 同庁舎が入るイーストピアみやこでは15、16の両日、東京五輪の聖火リレートーチを展示。15~24日は、県のスポーツの歴史やオリンピック選手の競技用品などを展示する「いわてシェアスポミュージアム」も開く。

宮古市

岩手
身近な海にすむ命を観察 宮古・水産科学館で磯の生物展
岩手
元祖サッパ市にぎわう 宮古・道の駅たろう
岩手
新遊覧船 膨らむ期待 宮古市・運航再開へプレイベント
岩手
宮古の逸品、堪能して 新商品「トラウトサーモン詰め合わせ」
岩手
潮風トレイル まちの魅力を体感 宮古、交流促進へシンポジウム