宮古市役所がライトアップ 光で表す感謝の思い、21日まで

ナミビア国旗と同じ「青赤緑」の配色でライトアップされた宮古市役所
 宮古市は12日、同市宮町の市役所庁舎のライトアップを始めた。東京五輪・パラリンピック「復興ありがとうホストタウン」の相手国の国旗の色など、色とりどりの光で復興支援や交流に感謝を表す。

 配色は復興をイメージしたピンクとオレンジ、医療従事者への感謝を示す青に加え▽シンガポール国旗▽ナミビア国旗▽市のイメージカラー▽サケ-の計6種類。4分間で全種類を見ることができる。

 21日まで庁舎北東側で午後5~10時に点灯。三陸鉄道宮古駅から眺めた宮古高1年の吉田愛夏(まなか)さんは「光る市役所が見られるのは珍しく、ちょっといい気分になる」と足を止めた。

 同庁舎が入るイーストピアみやこでは15、16の両日、東京五輪の聖火リレートーチを展示。15~24日は、県のスポーツの歴史やオリンピック選手の競技用品などを展示する「いわてシェアスポミュージアム」も開く。

宮古市

岩手
観光復活 担う決意 県北バス入社式、初の男性バスガイド採用
岩手
震災遺族10年の軌跡、映像で きょうから宮古で報道展
岩手
「がっくらの郷」に爽やか新味 陸前高田のユズを使用
岩手
春めく潮風とトレッキング 宮古・重茂地区
岩手
「毛ガニ祭り」盛岡に出張 宮古産 27、28日に販売会