フェアで園地盛り上げ 普代・海進丸水産、あす浜の味アピール

 普代村の海進丸水産(合砂(あいさ)ルリ子代表)は31日、運営する「浜の産直きらうみ」がある普代浜園地キラウミの広場で感謝フェアを開催する。地元の海産物を扱う同産直のほか、久慈地域で地域おこし協力隊を経験した店主が営む同村の豆腐店や久慈市のカフェが出店。新型コロナウイルス感染症拡大の影響で落ち込む客足の回復や同園地の認知度向上を目指し、浜の味で地域を盛り上げる。

 「浜の産直きらうみ感謝フェア」と銘打ち開催。産直で人気のイカやホタテの炭火焼きや、合砂代表(56)の夫の時雄さん(58)が採ってきた、旬の早採りワカメの袋詰め放題など、浜の魅力を楽しんでもらう企画を用意する。

 同村の豆腐店「TOFokU(とうふぉく)」、久慈市山根町のカフェ「YAMANECO COFFEE LAB」も出店する。

 冬季の誘客は以前から課題だったが、今季はコロナ禍で園地を訪れる観光客が激減。「今、行動を起こさなければ」と合砂代表がイベントを企画した。

 東日本大震災の津波被害を受けた場所にある同園地は、芝生広場や同産直などを備えた観光拠点として2017年に再整備。観光客や産直利用者を伸ばし、イベントもにぎわっていた。

 合砂代表は「この場所が目的地となるよう今後も工夫をこらす。今回の出来次第で商店街にも声を掛け、将来的には村全体でキラウミを盛り上げる取り組みとしたい」と力を込める。

 午前10時~午後3時。早採りワカメの袋詰め放題は、午前11時、午後1時の2回でそれぞれ30人限定。問い合わせは、合砂代表(080・1800・1389)へ。

普代村

岩手
キャラで発信、黒埼灯台 鵜鳥神楽がモチーフ
岩手
道の駅開業、地域明るく 青の国ふだい
岩手
普代「キラウミ」で31日に音楽イベント 震災の鎮魂祈る花火も
岩手
普代のモニターツアー始まる 村、観光資源やコースを検証
岩手
多幸願い神楽奉納 普代・鵜鳥神社例大祭