現代アート、時超え共鳴 盛岡の歴史的建造物に展示

伊藤真理子さんと加村なつえさんの空間全体を使った展示が圧巻の旧石井県令邸。洋館独特の気品に満ちる
 本県関係の美術家12人が歴史的建造物を舞台に共演する「時空をつなぐ現代アート展」は31日まで、盛岡市鉈屋町のもりおか町家物語館と、同市清水町の旧石井県令邸で開かれている。新型コロナウイルスに負けず芸術の力を発信する文化庁事業「アーツライブいわて」の一環。どこか懐かしい町家とモダンな洋館が、前衛的な現代美術とどのように共鳴するか。まちなかを巡り、見比べる楽しさも味わえる。

 町家物語館は5人の27作品を展示。趣ある和室や酒蔵に奇抜な作品が入り込み、ギャップが面白い。柱や梁(はり)の間に隠れた作品も来場者を驚かせる。

 同館に出品している同市の浅倉伸さん(49)は「昔の建築とアートが時を超えて同居している。異質な空間を楽しんでほしい」と呼び掛ける。

 旧石井県令邸は7人の15作品。明治時代の洋館を飾る、荘厳なインスタレーションは圧巻だ。窓から差し込む光も、作品世界を美しく際立たせる。

 企画制作を担当するNPO法人いわてアートサポートセンターの牧野美菜子さん(29)は「コロナ禍で作品発表の場が減ったが、今だからこそできる豪華な共同展になった」と手応えを語る。

 24日は旧石井県令邸で、津軽三味線奏者の藤原翼さんとジャグラー山村佑理さんによるパフォーマンスが行われる。

 両会場とも午前10時から午後4時(最終日は同3時)まで。町家物語館は26日休館。入場無料。

盛岡市

岩手
南部家の「学び」に光 もりおか歴史文化館が企画展
岩手
ネットで馬コ気分 県外の本県出身者ら、写真付きマップ作成
岩手
キリン「ユン」仲間入り 盛岡市動物公園、雄リンタの伴侶に
岩手
大自然でサウナ体感 盛岡の任意団体、八幡平市で29日イベント
岩手
偉人の人柄、時代映し出す 盛岡市先人記念館が新収蔵資料展示