自然と一体、ツリーラン 北上・夏油高原スキー場、エリア拡張

木々の間を滑走するツリーランエリアを楽しむスノーボーダー。エリアを拡張し魅力を発信する
 北上市和賀町岩崎新田の夏油高原スキー場は今シーズン、林間を滑るツリーランエリアを拡張し、26日も多くのスキーヤーでにぎわいを見せた。オープンの16日に大雪となり、現在の山頂の積雪は約3メートル。より自然との一体感を味わえる滑走環境を発信し、夏油ファン拡大につなげる。

 26日は降りしきる雪が視界を遮ったものの、県内外から訪れた家族連れらが思い思いに楽しんだ。愛媛県今治市の会社員(30)は、北上市への出張を利用してスノーボードを満喫。「リモートワークが続いたため、自然の中の開放感がとても気持ちいい」と雪景色に興奮収まらぬ様子だった。

 ゲレンデは、雪質もやわらかく滑走に適した環境が整う。通常の14コースに加え、今季はツリーランエリアを拡張。新設した4エリアを含む全13エリアを順次開放する。難易度を4段階に設定し、子どもから上級者まで安全に楽しめるよう工夫を凝らす。

 同スキー場の村松麻人支配人(31)は「夏油の魅力を存分に引き出し、非日常の爽快感を提供したい」と意気込む。今季の営業は来年5月5日まで。無休。原則午前8時半~午後4時半。問い合わせは同スキー場(0197・65・9000)へ。

北上市

岩手
旬の地元食材 味わって 県南3市町でごほうびフェア
岩手
「鬼滅効果」全集中 北上・鬼の館、人気受け入館者増加
岩手
塗り絵で親しむ北上弁 子育てネット、転入親子へ「入門書」
岩手
動画で「トリプル」周年PR 北上市制作、八重樫東さんら出演
岩手
夏油高原スキー場28日オープンへ準備