住田の野菜 ソースに凝縮 観光協会が3種開発

町産野菜の味わいを凝縮した3種のソース
 住田町観光協会(佐々木慶逸(けいいち)会長)は町産野菜の味わいを凝縮した3種のソース「三ツ星ベジソース」を開発し、限定200セットを同町世田米の道の駅種山ケ原ぽらんで販売している。

 ▽ワラビのピリ辛トマトソース▽しいたけと気仙みそのオリーブペースト▽ニンニクとパプリカのスペイン風ディップ-の3種で、ワラビとシイタケ、ニンニクが住田町産。1瓶160~170グラム入りの3種セット(2500円)を200セット試験販売し、来年以降に本格生産する。

 2018年まで町内のレストランに勤めていた東京都の坂東誠シェフが開発を監修。「調味料」「低農薬で安心な食材」「旬の野菜」の3点にこだわり、宮沢賢治が愛した同町の種山ケ原の星空をイメージして「三ツ星」と名付けた。

 セットにはソースを使ったレシピも付属。同協会の佐々木康行局長補佐は「肉に付けたりパスタソースにするなど、いろいろな食べ方ができる。料理を楽しみながら住田の食と風土を知ってほしい」と呼び掛ける。

住田町

岩手
町自慢の特産品ずらり 「イーガストすみた」開業
岩手
住田の発信拠点 29日オープン 特産品販売や観光案内コーナー
岩手
色鮮やか 五葉山の初夏 ヤマツツジ、青空に映え
岩手
ケセンロックフェス見送り ことし再開予定、コロナ感染拡大で
岩手
住田のうんみゃ~もん お取り寄せ 町商工会がカタログ、サイト