「鬼滅」効果?うろこ滝に注目 二戸・浄法寺、SNSで話題

「鬼滅の刃」ファンの間で人気を集めている「うろこ滝」=二戸市浄法寺町
 吾峠呼世晴(ごとうげこよはる)さんの人気漫画「鬼滅(きめつ)の刃(やいば)」に登場する鱗滝左近次(うろこだきさこんじ)と同じ名前で、二戸市浄法寺町にある「うろこ滝」が、会員制交流サイト(SNS)などで話題になり、じわじわと人気を集めている。作中で呼吸法と合わせて繰り出す剣技の名に「漆」の文字が入っている縁もあり、浄法寺が「鬼滅スポット」と認知される日も近い?

 鱗滝は、主人公竈門炭治郎(かまどたんじろう)の剣術の師匠。常にてんぐの面をかぶり「判断が遅い」などのせりふが印象深い。その名にちなみ、浄法寺町のうろこ滝もSNS上などで盛り上がっている。

 うろこ滝は落差約7メートル。自然の岩肌を流れる湧き水が魚のうろこ状に見えることから、昔からそう呼ばれ親しまれている。山あいにあり、水の流れる音も心地よい癒やしの名所だ。

 市情報管理室によると、11月ごろからSNS上で盛り上がりを見せ始めた。「鬼滅の聖地になるといいですね」などと写真付きで投稿されているという。

 浄法寺との関連は他にもある。作中には「水の呼吸」「獣(けだもの)の呼吸」などさまざまな呼吸法が出るが、7番目の「漆ノ型(しちのかた)」に漆の字が使われている。炭治郎の同期の剣士で雷の呼吸の使い手、我妻善逸(あがつまぜんいつ)の最終奥義は「漆ノ型・火雷神(ほのいかづちのかみ)」。浄法寺は日本一の漆の産地でもあり、地元を中心に、関連に気付いたファンのひそかな話題になっている。

 同室の田山裕之室長(49)は「うろこ滝は知る人ぞ知るパワースポット。物語に思いをはせ、浄法寺の魅力にも触れてほしい」と期待する。

二戸市

岩手
小学生よ旅に出よう IGRが片道100円切符
岩手
二戸弁ラジオ体操 CDに 人気番組「うわののじさま」再収録
岩手
「冬恋」甘い香り 二戸でブランドリンゴ収穫
岩手
手芸で地域に恩返し 二戸市の趣味サークル、秋の感謝祭初開催
岩手
家で新鮮白アスパラ 二戸市・馬場園芸、栽培キット本格販売