「区界道路」念願の開通 盛岡-宮古、現地で式典

区界道路の開通を祝い、テープカットする関係者=5日、盛岡市簗川
 盛岡市と宮古市をつなぐ復興支援道路・宮古盛岡横断道路の「区界道路」(延長8キロ)は5日に開通した。難所の区界峠をトンネル通過によって回避でき、物流や医療をはじめ往来の安全性向上と時間短縮に貢献する。

 盛岡市簗川の現地で式典を行い、達増知事や谷藤裕明盛岡市長、山本正徳宮古市長ら約50人が出席。達増知事は「最大の交通難所が解消される。開通に尽力した多くの関係者に感謝したい」とあいさつし、関係者とテープカットした。

 区界道路は同市簗川と宮古市区界を結ぶ。幅員は13・5メートル。県内最長の新区界トンネル(延長4998メートル)と簗川トンネル(同1576メートル)を通り、急カーブ21カ所と急勾配7カ所がある区界峠を回避する。宮古市の旧市役所付近から矢巾町の岩手医大付属病院まで所要1時間45分となり、8分ほど短縮される。

 谷藤裕明市長は「物流効率化や産業活性化、救急搬送など多くの効果が発揮される」と喜び、山本正徳市長は「万感胸に迫るものがある。全線開通に向けますますの事業促進を期待する」と述べた。

盛岡市

岩手
広がるユニークでレトロな世界観 盛岡彫刻シンポ企画展
岩手
壮観、日本美の粋 盛岡、8月1日まで足立美術館展
岩手
躍動感広がる筆墨の世界 書家・田村さんが個展開催
岩手
「マイブーム」たどる みうらじゅんフェス、盛岡で10日開幕
岩手
「盛岡カルタ」魅力発信 国際交流協会、SNSで3カ国語対応