「あつ森」で岩手発信 ホテルエース盛岡、 観光スポットを再現

あつ森で再現したさんさパレード。県内のさまざまな観光資源を紹介している(ホテルエース盛岡提供)
 「あつ森」で岩手の魅力を発信-。盛岡市中央通のホテルエース盛岡(越後勲総支配人)は、家庭用ゲーム機「ニンテンドースイッチ」の人気ソフト「あつまれ どうぶつの森(あつ森)」で県内の観光情報をPRしている。「サッコラ島(じま)」と名付けたゲーム上の島で再現した県内の20カ所以上の観光スポットを紹介し岩手ファンの拡大を図る。

 盛岡城跡公園(盛岡市)や中尊寺(平泉町)、御所野遺跡(一戸町)、橋野鉄鉱山(釜石市)などを再現し10月から会員制交流サイト(SNS)のツイッターやフェイスブックなどで画像や動画の公開を始めた。久慈の北限の海女や、盛岡のさんさ踊りのパレードなどもかわいらしさが目を引く。

 SNSで公開しているIDをゲーム内で入力すると、自身の分身の主人公が「サッコラ島」の島内を自由に散策できる。写真撮影のスポットも設けている。

 手掛けたのは同ホテルの管理・企画グループマネジャーの田中宣行(のりゆき)さん(47)。八戸市出身の田中さんは、2011年に同ホテルへ転勤後、「岩手は観光資源が豊富なのに、情報量が少ない」と感じ、動画投稿サイトユーチューブなどで自ら撮影・編集した観光関連動画を配信。「岩手の魅力や楽しさをもっと分かりやすく伝えたい」とあつ森ブームに乗った。

 あつ森を巡っては、熊本県八代市が全国の市町村で初めてPRに活用。特産のイ草や観光名所を紹介し、東京消防庁は防災情報を発信する。新型コロナウイルス感染症の影響で現実世界での交流が難しくなる中、ゲームを介した情報発信の工夫は今後広がりそうだ。

 コロナで旅行控えの動きがあるが「岩手が記憶に残り、収束後にでも観光に来てもらえればうれしい」と田中さん。「紹介したいスポットはまだまだある。さまざまな観光資源に目を向けてほしい。観光業界を盛り上げる一助にしたい」とサッコラ島の充実を図る。

盛岡市

岩手
風土が育んだ力作集う 盛岡で東北現展
岩手
全国の障害者芸術集結 盛岡で23日から「文化フェス」
岩手
盛岡・フェザンに北東北1号店 大阪の老舗チョコメーカー
岩手
小説「雲を紡ぐ」の世界 盛岡・鉈屋町、町家にブックカフェ
岩手
山肌に冬化粧 岩手山初冠雪、平年より4日遅く