新年の幸ぎゅっと込め 丑の花巻人形作り

明るい新年を願い、丑の花巻人形作りに励む平賀恵美子さん=30日、花巻市桜町
 2020年の暦は、きょうから師走。花巻市桜町の平賀工芸社では、来年の干支(えと)「丑(うし)」の花巻人形作りが慌ただしさを増している。

 粘土の型どり、乾燥、素焼きを経て9月から絵付けに入った。顔料を使い、筆で丁寧に色を塗る。背中の色は従来、赤のみだったが金、紫、青を加え、花巻人形の特徴である梅の花を施した。

 今年はコロナ禍を踏まえ、恒例の絵付け体験や花巻まつりでの実演販売が中止に。3代目の平賀恵美子さん(73)は「早く終息し、明るく良い年になることを願う。ゆったりした牛が心を和ませてほしい」と思いを語る。

 人形は同市上町のまちなかビジターセンター、同市高松の宮沢賢治童話村内の森の店っこやなどで販売している。

花巻市

岩手
早池峰信仰の歴史たどる 花巻・大迫で企画展
岩手
名店ギョーザ マルカンに 花巻・夜来香、大食堂で1日から販売
岩手
県北、県央の酒蔵堪能を 盛岡振興局、来月までスタンプラリー
岩手
氷柱6.1メートル 豊作期待 花巻のたろし滝
岩手
ひな飾り 華やぐ温泉郷 花巻の14施設、写真撮影スポットも