新年の幸ぎゅっと込め 丑の花巻人形作り

明るい新年を願い、丑の花巻人形作りに励む平賀恵美子さん=30日、花巻市桜町
 2020年の暦は、きょうから師走。花巻市桜町の平賀工芸社では、来年の干支(えと)「丑(うし)」の花巻人形作りが慌ただしさを増している。

 粘土の型どり、乾燥、素焼きを経て9月から絵付けに入った。顔料を使い、筆で丁寧に色を塗る。背中の色は従来、赤のみだったが金、紫、青を加え、花巻人形の特徴である梅の花を施した。

 今年はコロナ禍を踏まえ、恒例の絵付け体験や花巻まつりでの実演販売が中止に。3代目の平賀恵美子さん(73)は「早く終息し、明るく良い年になることを願う。ゆったりした牛が心を和ませてほしい」と思いを語る。

 人形は同市上町のまちなかビジターセンター、同市高松の宮沢賢治童話村内の森の店っこやなどで販売している。

花巻市

岩手
勇壮山車 地域盛り上げ 花巻・石鳥谷秋友会、まつり中止も公開
岩手
さあ家族で手作り冷麺 花巻の企業「FASHIP」がキット発売
岩手
待ってたSL銀河 今季初運行、花巻で歓迎
岩手
被災者に寄り添う絵手紙 花巻・ボランティア蟻灯の会が展示会
岩手
タマゴサンド店に活路 健康志向、新収入源へ