手芸で地域に恩返し 二戸市の趣味サークル、秋の感謝祭初開催

初の感謝祭を開くものづくりの会の会員。手作り作品を前に来場を呼び掛ける
 二戸市浄法寺町の60~80代の女性で組織する趣味サークル「ものづくりの会」(中崎テル会長、会員15人)は28、29の両日、同町の高齢者生きがい活動センターいぶきの里で、秋の感謝祭を開く。2012年4月に会が発足して以来、初めて。手芸作品の材料提供をはじめ、活動を支えてくれた地域の人たちに感謝の気持ちを込め、活動の様子を紹介する。

 感謝祭では、これまで作った人形やつるしびな、パッチワークなどの作品を展示する。手作りみそや裂き織りバッグなども格安で販売。へっちょこ団子の振る舞いや、裂き織りのコースター作り体験も計画する。

 同会は毎月第2、第4金曜日の午前9時半から午後3時まで、いぶきの里を拠点に活動。机を囲んで思い思いに手芸品を作り、手作りの昼食も楽しむ。退職後、昨年から加わった畑山八重子さん(65)は「おしゃべりをしながら手を動かすのが楽しい」と笑顔を見せる。

 会員は、地域の人たちから無償で提供してもらった着物を、洋服やバッグなどの材料として活用しており、久保田サツ子さん(79)は「感謝祭では、大切にしていた着物が生まれ変わった姿を見てもらいたい」と来場を期待する。

 事務局を務める市社会福祉協議会浄法寺支所地域福祉課の田口頌悟(しょうご)係長(30)は「ものづくりの会の活動は、会員の生きがいや仲間、居場所づくりにもつながっている」と後押しする。

 感謝祭は午前10時~午後3時。問い合わせは同支所(0195・38・3061)へ。

二戸市

岩手
小学生よ旅に出よう IGRが片道100円切符
岩手
二戸弁ラジオ体操 CDに 人気番組「うわののじさま」再収録
岩手
「鬼滅」効果?うろこ滝に注目 二戸・浄法寺、SNSで話題
岩手
「冬恋」甘い香り 二戸でブランドリンゴ収穫
岩手
家で新鮮白アスパラ 二戸市・馬場園芸、栽培キット本格販売