歴史伝え来館5万人 八幡平市博物館、約20年で達成

来館5万人目となり、伊藤喜代美館長と記念撮影する工藤玉恵さん(右)
 八幡平市叺田(かますだ)の市博物館(伊藤喜代美館長)は22日、来館者5万人を達成した。3町村合併前の旧安代町時代から数えて約20年での到達となった。

 5万人目となったのは同市田頭の工藤玉恵さん(71)。現在開催中の企画展の解説会に参加するため来館し、伊藤館長(61)とくす玉を割り節目を祝福した。

 工藤さんは「今年一番うれしい出来事になった。地元の歴史や遺跡について理解を深めることができた」と喜んだ。

 同博物館は1998年8月に旧安代町ふるさと資料館として開館。現在は史料約350点を展示する。松尾地区の釜石環状列石周辺で出土した「遮光器土偶」や、今年6月に文化庁から日本遺産として認定を受けた同市、二戸市の安比川流域の漆文化に関する史料も収蔵している。

 伊藤館長は「地元の歴史文化を伝える施設として、次は10万人を目指したい」と力を込める。

八幡平市

岩手
八幡平温泉郷に「食」発信拠点 「ノーザングランデ」22日開業
岩手
八幡平の魅力解き明かせ 温泉郷、安比高原で初の催し開催へ
岩手
キャンプサイト開設 八幡平ハイツ、ホテルサービス連動
岩手
縄文時代、ペン画で発信 八幡平市で「土偶の魅力」展
岩手
「そら」と「すばる」が仲間入り 八幡平市のサラダファーム