柿たわわ 寒風に揺れ 大船渡、三鉄駅舎に彩り

青空の下、柿の収穫に励む大船渡市観光物産協会の職員=12日、同市三陸町越喜来
 12日の岩手県内は高気圧に覆われ晴れとなった。朝は放射冷却現象の影響で冷え込み、36観測地点中35地点で今季最低を記録。大船渡市三陸町越喜来(おきらい)では、三陸鉄道リアス線三陸駅を彩る渋柿の収穫が行われた。

 青空広がる柿畑で、市観光物産協会(斉藤俊明会長)の職員と地域ボランティアの4人が約800個を収穫。同駅のホームに13日、柿のれんを設置し、12月中旬まで利用者を楽しませる。

 同協会職員の及川孝子さん(58)は「柿のれんを見に多くの人が訪れ、三鉄と大船渡が盛り上がればうれしい」と願った。

大船渡市

岩手
柿のれん、ホームに彩り 三鉄・三陸駅
岩手
秋の味覚、地ビールと一緒に 大船渡・キャッセンでイベント
岩手
道しるべ「化粧直し」 碁石埼灯台海保が塗装
岩手
気仙丸の陸上展示〝船出〟 大工技術を後世へ
岩手
浜の「顔」グッズ化 本県沿岸部の企業とヴィレッジヴァンガード