ボンネットバス 無料周遊 盛岡で14日から計7日間

レトロな雰囲気が味わえる県北バスのボンネットバス(同社提供)
 国の「Go To 商店街」キャンぺーン事業の一環で、盛岡市の河南地区の商店会など4団体は14日から、市内を周遊するボンネットバスの無料運行を始める。29日までの土日祝日の計7日間、バスに揺られながら歴史あるまち並みを楽しめる。

 県北バス(盛岡市)が所有する1968年式のバスを運行。▽盛岡駅西口▽もりおか町家物語館▽盛岡劇場▽盛岡八幡宮-の4カ所で乗り降りでき、材木町や紺屋町などを巡る。午後1時50分~午後2時半は同物語館に停車し、バスの撮影時間も設ける。

 事業は▽もりおか八幡界隈(かいわい)まちづくりの会▽盛岡市肴町商店街振興組合▽中の橋通り商店会▽南大通一丁目商店会-の4団体が共同で実施。今後は、盛岡城跡公園周辺でイラストマップ作製やPRビデオ製作も企画している。

 同まちづくりの会の大石仁雄(きみお)会長(56)は「古き良きまち並みにレトロなバスが走る風景がマッチする。行き先で買い物や飲食も楽しんでほしい」と活性化を促す。

 運行は14、15、21~23、28、29日の7日間。運行時間は午前11時~午後3時25分。発着は盛岡駅西口。詳細な時刻は同まちづくりの会のフェイスブックや県北バスのホームページで公開している。

盛岡市

岩手
広がるユニークでレトロな世界観 盛岡彫刻シンポ企画展
岩手
壮観、日本美の粋 盛岡、8月1日まで足立美術館展
岩手
躍動感広がる筆墨の世界 書家・田村さんが個展開催
岩手
「マイブーム」たどる みうらじゅんフェス、盛岡で10日開幕
岩手
「盛岡カルタ」魅力発信 国際交流協会、SNSで3カ国語対応