待望アワビ 浜に輝き 大船渡・吉浜で今季の漁口開け

先端にかぎのついたさおで手際良くアワビを採る漁業者=1日午前7時5分、大船渡市三陸町吉浜
 大船渡市三陸町の吉浜地区で1日、今季のアワビ漁が口開けされた。今季最低の冷え込みの中、昨年より21日早い待望の「海の小判」に浜は活気づいた。

 吉浜漁協管内のサッパ船約160隻が午前6時半から漁を開始。漁業者は箱眼鏡で海中を確認し、先端にかぎのついたさおで手際良くアワビを釣り上げた。

 初水揚げとしては、昨年並みの約2トン。同市三陸町吉浜の伊藤久直さん(74)は「やせているものも多いが、思ったより数はあった。漁業者の〝ボーナス〟なので、たくさん採れてほしい」と願う。

 同漁協のアワビ取引価格は1キロ当たり8250円で、昨年より3割以上安い。寺沢泰樹組合長は「1日に口開けできたことは大きい。今後の豊漁に期待したい」と語った。

大船渡市

岩手
古里発信、華やぐ笑顔 第23代大船渡つばき娘に3人
岩手
津波被害 写真と映像で残す 大船渡市立博物館で企画展
岩手
お帰りなさい飛鳥Ⅱ 大船渡に約2年ぶり寄港、感染防止策徹底
岩手
市街地ともす優しい光 大船渡でキャンドルナイト開幕
岩手
自慢の特産で地域を元気に 大船渡・2施設に紹介コーナー新設